父母の会のしおり

  • 『高輪学園父母の会』のしおり

    会員の皆様に『高輪学園父母の会』をご理解いただき、より良い活動をするため、父母の会の目的、組織、活動内容をまとめました。
    父母の会は、会員の皆様のご協力により成り立っております。
    令和2年度の父母の会活動につきましてはコロナ感染拡大予防の観点から評議員を選出せずにスタートさせていただきます。なお、今後の状況によって再度変更が生じる場合につきましては会員の皆様にご連絡させていただきます。
    何卒ご理解御協力を賜りますようお願い申し上げます。

    目的
    『父母の会』は、高輪学園の教育方針に基づき、生徒の健全な育成と福祉の増進に努め、学園の発展に寄与するとともに、会員相互の親睦と資質の向上を図ることを目的としています。

    役員

    名誉会長1名(校長)、会長1名(保護者)、副会長4名もしくは3名(保護者3名もしくは2名・教職員1名)、書記4名もしくは3名(保護者3名もしくは2名・教職員1名)、会計3名(保護者2名・教職員1名)、監事2名(保護者)

    評議員
    各学級から2名ずつ選出し、企画、広報いずれかの委員会に所属し、活動します。
    教職員評議員は、学園側で選出します。

    会議

    《総会》

    全会員で構成する父母の会の最高決議機関で、年1回開催します。
    事業計画、予算・決算、役員・評議員の選出等を審議します。

    《役員会》

    教職員・会員より選出された役員により構成し、会長が随時召集、次の事項を審議します。
    ①父母の会の運営に関すること
    ②委員会の活動に関すること
    ③収支予算・決算に関すること
    ④内規の作成に関すること
    ⑤その他、会務に関すること

    《評議員会》

    役員、評議員で構成し、会長が随時(年8回程度)召集、次の事項を審議します。
    ①父母の会の運営に関すること
    ②委員会の活動に関すること
    ③委員会の収支予算・決算に関すること
    ④その他、会務に関すること

    《四役連絡会》

    役員、各委員会(評議員)の四役(《委員会》参照)により構成し、会長が随時召集、
    役員と各委員会間の連絡円滑化を図る。

    《委員会》

    ☆企画委員会
    学年毎に評議員の中から1名学年代表を選出。6名の学年代表の中より
    委員長・書記・会計各1名、副委員長2名、計5名の四役を選出します。
    ◎学級・学年懇親会など、会員相互の親睦と資質の向上を図るための催しを企画、開催します。
    ◎慶弔に関する連絡を行います。
    ◎学園行事の高学祭(生徒会主催)に協力し、参加します。

    ☆広報委員会
    全評議員の中から、委員長・書記・会計各1名、副委員長2名、計5名の四役を選出します。
    ◎父母の会広報紙『高輪だより』を年数回発行し、会員・学園関係者に配布します。
    ◎学園行事の高学祭(生徒会主催)に協力し、参加します。

    《特別委員会》

    上記2つの委員会および役員で構成される評議員会にて同意を得て、設けられる委員会です。
    「一定期間限定」「一部会員限定」など必要に応じて設けられます。
    平成29年4月1日現在、下記の特別委員会が設けられています。

    ☆『出発を祝う会』準備委員会ご子息が高校3年生の会員限定の特別委員会。
    高校3年生の保護者全員が主催者となって開催される、『出発(たびだち)を祝う会』の企画、開催に向けて、5月ごろからの準備の中心となる委員会です。
    卒業証書授与式の後、教職員、保護者、子どもたちが一堂に会し、高輪学園からの出発(たびだち)を共に祝います。高校3年生の会員の皆様のお手伝いも随時お願いしております。

    その他

    《高学祭》
    学園行事の高学祭(生徒会主催)に父母の会として協力し、バザーなどで参加します。
    役員・評議員が中心となり、会員の皆様のお手伝いもお願いしております。

    《学校行事サポート》
    父母の会費より、体育祭・ふれあい講習会・室内楽演奏会の各行事に協力しています。
    《拡充大会》
    高輪学園は、【東京都私立中学高等学校父母の会中央連合会第二支部】(港区15校)に所属しており、毎年開催される『私学振興拡充第二支部大会』に出席しています。